入試ガイド

guide

科目別出題ポイント

国語

現代文においては、評論・随筆・小説・詩歌・国語知識(漢字・ことわざ・故事成語・四字熟語・文法など)が主要なジャンルで、中心は評論や随筆です。

評論を習熟するには、問題文を読むときにラインを引いたり、キーワードを囲んだりして、文章全体の構造と論点の推移を明確にする必要があります。特に筆者の「主張」(言いたいこと)は「強調」という手法を通じて表現されるので、「反復」と「対比」に着目するとよいでしょう。さらに論理の展開は「抽象(骨格)-具体(肉付け、説明)」の繰り返しなので、「抽象」部分をつなげれば全体の要旨になることも知っておきましょう。

  • そして、問題文を読み始める前に著者名と題名に目を通して、大体のイメージ(著者に対する予備知識がある場合)と全体のテーマ(文章全体を一言で言い表わせば、題名となる)を押さえることも有効です。こうした作業をあらかじめやっておくと、接続詞・指示語・語句説明・空欄補充・主旨説明といった問題に対する解答が導きやすくなります。基本的に問題は文章の流れに沿って出されるので、解答は出題される該当段落とその前後に九割方存在していると見てさしつかえありません。さらに、外山滋比古・山崎正和・加藤秀俊・亀井勝一郎・三木清といったメジャーな人々や、「人生論」「科学論」「文化・文明論」「言語論」といった取り上げられやすいテーマについて、日頃から接しておくことも効果的であると言えます。

  • チュートリアル

評論は「論理・思想」がテーマになるのに対して、小説の場合は「心理・心情」がテーマとなるので、最初に5W1Hとその相互関係を把握する必要があります。この状況設定から始まって、心理・心情の推移が描かれていくのです。特に内面の直接描写の部分をチェックすることは言うまでもありませんが、問題なのは間接描写の部分です。この場合、「情景一致の原則」に立って、状況の変化から内面を読み取っていかなければなりません。関連して知っておくべき知識として、表現技法(明喩・暗喩・擬人法など)と文学史(特に明治以降)が挙げられます。川端康成・芥川龍之介といった人々や、大江健三郎・遠藤周作といった作家にもなじんでおくとよいでしょう。

随筆は、評論的随筆と小説的随筆の二種類に分けられます。そして、評論が「客観的論理・思想」(誰が読んでも納得できる妥当性が要求される)であるのに対して、随筆は「主観的論理・思想」(作者の自由)であり、また、小説が「登場人物の心理・心情」であるのに対し、随筆は「作者の心理・心情」であるという違いがあることに注意しましょう。

詩歌に関しては、「感動」(プラスであれ、マイナスであれ)が中心になっていることに注目するとよいです。まれに難易度の高いものもありますが、論理的読解力と詩の分類・表現技法・文学史についての知識があれば、8~9割はカバーできます。また、主要な短歌・俳句・詩については、作者名と共に暗記しておくようにしましょう。

国語知識についてはまとめて集中的に取り組んでも大きな効果がありますが、日頃から新聞や本、問題を通じて幅広く蓄積していくことをおすすめします。

英語

長文読解問題は、ほとんどの学校で出題されています。ただし、文章の長さや内容、出題数は、学校によって全く異なります。

設問を解く際に、細かい点に気をつけなければならないものも多いので、内容が易しいからといって油断は禁物です。特に現代文的な設問、例えば、this, that, it, he, she が何を、誰を指すのか答えさせる問題は要注意です。こうした代名詞類は、普段から気をつけて読むようにしておきましょう。

具体的にどういう勉強をするかですが、いきなり入試問題のような文章を読むことは大変ですし、長続きしません。5行程度の文を読みこなしていくことから始めて、徐々に長い文章にあたっていくのがよいでしょう。その際、時間的な余裕にもよりますが、「全訳を書く」という作業ができればよりよいです。もちろん実際の入試の場では、このような作業は時間的に不可能ですが、文章に慣れるという点では一番着実な方法です。長文読解のカギは、この「慣れ」なのです。

また、読んでいて、意味のわからない単語・熟語等が出てくると思いますが、面倒がらずに辞書を引きましょう。一度出てきた単語でも意味がわからなければ、また辞書を引きます。一つの単語について何度も何度も辞書を引くことになれば、いやでも覚えるものが出てくるものです。

文法問題は、長文中に組み込まれていて独立していない場合もありますが、基本的な内容のものが多いです。書き換え・空所補充・整序といった形式や、同意語・反意語、さらに体の部位を含む医療用語に関する出題もあります。これらの解答を出すには文法的な基礎理解も必要ですが、いかに多くの類題に接したことがあるか、またその際、間違えたことをきちんと理解したかどうかが得点力アップのカギとなります。各単元の文法事項を学ぶ際に、その文法事項を含んだ書き換えや整序がどんなもので、どこを間違えやすいかを同時に把握できると能率的です。

  • 発音・アクセント問題も、長文問題と同じように、受験者には苦手意識の強いもののようです。発音・アクセント問題で試験によく出る単語というものもあるので、文法問題と同様、数多く問題にあたり、出題されている語を多く目にすることが大切です。問題演習のときだけでなく、辞書で単語を調べたときにどういう発音記号の語かをきちんと見ておくことも必要となります。辞書によっては、発音注意・アクセント注意と赤い字で表記してあるものもあります。また、出題形式に下線部の発音が同じものを選ぶというものがありますが、演習の際は、ぜひ異なる語の下線部がどんな発音の語かということにも注意しましょう。

  • チュートリアル

数学

専門学校

看護・医療系専門学校の入学試験における数学は、一種の適性試験です。つまり、医療従事者として業務を行う上で重要な要素となる、的確な判断力と正確かつ迅速な処理能力をこの科目で試されるのです。したがって、入試問題の大半が教科書の例題や練習問題レベルのものであり、難解な証明問題など論理的思考を要する問題はほとんど出題されません。

主な出題範囲は数学Ⅰおよび数学Aです。全体的に基本的な問題が多く、1つの計算ミスが大きな失点となってしまうので、時間にゆとりを持ってしっかりと見直しをしておきたいところです。

大学・短大

看護短大や医療系短大では、基本と応用問題の出題が半々になり、できる人とできない人の差がはっきりと出やすく、ふるい落とすための試験となっています。

主な出題範囲は数学Ⅰおよび数学Aですが、たとえば三角形の面積の最大値を2次関数の考え方で求める問題など、複数の分野の知識を複合させないと解けない問題が出題されることもあります。対策としては、数多くの問題に触れておくことです。

実際の入試のときには、時間内に全問を終わらせるのが苦しくなってくると思いますが、とにかくできる問題を確実に解いていくことが大切です。

看護大学・医療系大学の数学のレベルは、私立理系4年制大学の平均的レベルと同程度であり、大半の学校が数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・Bと幅広い範囲からの出題となります。中でも関数、数列、微分、積分、ベクトルが出題の中心となります。

特に、理学・作業療法学科および診療放射線学科では物理学を学ぶことになるので、その基礎となる微分、積分、三角関数、ベクトルについては、早い時期から重点的に学習しておく必要があります。

理科(生物)

看護大学・短大・専門学校

非センター試験の大学・短大レベルでは、高度な応用力が必要な学校もありますが、入試難易度が高い割には出題内容は易しい学校もあります。ただし、こうした学校はケアレスミスが大きく影響するので、とりこぼしのないように基礎力を確実なものにしておく必要があります。どちらにしても過去問題に目を通して、各大学・短大の出題の個性を把握して対応することが肝心です。

専門学校では、基本的には「高校で習った範囲をどれだけ理解しているか」を問うレベルのものが大半です。出題範囲については、全範囲から満遍なく出題されています。

医療系大学・短大・専門学校

大学・短大では看護学科と同じ出題の場合が多いです。実験を含めた深い理解・洞察が必要です。専門学校では、国公立は大学・短大レベルに近い場合も多いですが、概して私立は平易な出題の場合が多く、「ミスをしないこと」がポイントです。いずれにしても教科書レベルで十分対応できるので、努力が得点に反映されやすいと言えます。出題範囲については、全範囲から満遍なく出題されています。

理科(化学)

看護大学・短大・専門学校

物質(原子・分子・イオン)の構造をベースに、「中和」、「酸化・還元」、「電気分解」は重要項目です。選択解答制の出題形式の学校が多く、内容的にも深く専門的に出題する学校はほとんどないので、どの項目も教科書レベルの基本を押さえておけば十分でしょう。

医療系大学・短大・専門学校

看護学校と同様に、「酸化・還元」、「電気分解」は重要項目です。また、計算問題のヤマとなる「中和滴定」は言うまでもありませんが、「電気分解」の計算問題も含めて、有効数字~桁、小数点第~位等の細かいところにも気を配りたいです。

理科(物理)

看護大学・短大・専門学校

短大や専門学校では受験科目にない場合がほとんどですが、大学では選択科目のひとつとなっている場合があります。出題範囲については、満遍なく出題されています。内容的には教科書の基礎事項に対する十分な理解があれば対応できるものが大半です。

医療系大学・短大・専門学校

大学・短大において、選択科目となっている場合が多いです。過去の出題の中には比較的思考力を必要とする問題も見受けられ、教科書の応用問題まで手を広げて学習する必要があります。

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2017年通学講座受付中

2017年看護医療模試申込受付中

2017年通信講座申込受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ