各仕事・プロセス

process

看護師の仕事とプロセス 看護師からの資格の広がり

  • 医学知識を持ち、しかも基本的なケアの技能を兼ね備えた看護師は、各界での需要が高く、近年さまざまな分野で活躍しています。今後、医学技術の進歩、超高齢社会の進展、社会構造の変化にともない、さらにこの傾向は強まっていくことが予想されます。

    それでは実際に看護師資格を取得した後にどんな道が開けているのか、いくつか具体的に見ていきましょう。

  • チュートリアル

保健師

保健所や市町村保健センターで地域住民の健康管理や保健指導を行うことが主な仕事です。保健師になるには、養成施設を卒業した後、国家試験に合格しなければなりません。看護師学校卒業者、または看護師免許取得者であれば、保健師養成施設の入学資格が与えられます。また、4年制大学の看護系学科の中には、保健師コース選択者に対し、卒業と同時に看護師だけでなく保健師の国家試験受験資格を与えるところもあります。

ページトップへ

助産師

助産師は出産を援助するほか、妊娠している女性の世話をしたり、相談相手になったり、産後間もない女性や新生児に対しても医学的な観察や保健指導を行っていくことを主な仕事としています。助産師になるためには、助産師養成所・学校を卒業した後、国家試験に合格しなければなりません。助産師養成所・学校は、看護学校卒業を入学資格としています。また、一部の4年制大学には、助産師コース選択者に対し、卒業と同時に助産師国家試験受験資格を与えるところもあります。

ページトップへ

養護教諭

主に学校の生徒たちの健康管理や保健指導に携わるのが養護教諭です。養護教諭になるには、養護教諭一種または二種の免許状を取得することが必要です。それぞれの免許状取得の条件として、文部科学大臣の認定を受けた大学・短期大学・養護教諭養成機関で所定の科目・単位数を修得していなければなりません。また、保健師学校でも養護教諭の資格を取得できる場合があります。

ページトップへ

看護教員

看護教員とは、看護学校の教員のことです。看護教員になるには、看護師・保健師・助産師として通算5年以上の実務経験を有するほかに、それぞれの養成施設に応じた要件を満たす必要があります。

ページトップへ

専門看護師

専門看護師とは、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、特定の専門看護分野の知識・技術を深めた看護師のことです。専門看護師になるには、日本看護協会の専門看護師認定審査に合格しなければなりません。また、合格後も5年ごとの更新が必要です。

ページトップへ

認定看護師

認定看護師とは、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護を実践できる看護師のことです。認定看護師になるには、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格しなければなりません。また、合格後も5年ごとの更新が必要です。

ページトップへ

介護支援専門員(ケアマネジャー)

ケアマネジャーとは、介護が必要な高齢者やその家族からの相談に応じ、高齢者の心身状態の状況に応じて適切な在宅サービスや施設でのサービスを利用できるように、市町村やサービス事業者との調整をとる人のことをいいます。ケアマネジャーになるには、ケアマネジャー実務研修を受けなければなりませんが、この研修に参加するためには実務研修受講試験に合格しなければなりません。受講試験の受験は、保健・医療・福祉分野で一定の経験がある人が対象となります。

ページトップへ

看護師資格は、自らの思いを実現するための入り口であり、看護師国家試験はその扉なのです。扉は一定の専門分野を修めた人々にはいつでも開放されています。それを開くか否かは皆さんの意欲にかかっています。

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

看護学校合同説明会

2019看護医療模試 高校団体受験のご案内

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ