各仕事・プロセス

process

看護師の仕事とプロセス 看護師へのプロセス

看護師になるには、高校卒業後、法律で定められた養成施設で3年以上、または、高等学校・高等学校専攻科5年一貫教育の施設で勉強をして、国家試験受験資格を取得し、国家試験に合格して看護師になるのが一般的です。

看護師へのプロセス

ページトップへ

看護師養成施設

看護師になるための養成施設には大学・短期大学と、それ以外の養成施設(いわゆる「専門学校」)があります。それぞれに特色がありますので、その違いをよく理解したうえで、将来を考え、志望校を選ぶことが望ましいでしょう。

大学

修業年限は4年で、他の一般大学と同様、学士の学位を得ることができます。大学によっては、看護師の国家試験受験資格のほかに、保健師/助産師の国家試験受験資格、養護教諭免許や高等学校の看護教諭免許なども取得することができます。

大学はキャンパスが広々としていること、図書館や実験室などの施設・設備が充実していること、他学科を併設している大学の場合はほかの分野の授業も受けられるというメリットがあります。

短期大学

修業年限は3年で、他の短期大学と同様、短期大学士の学位を得ることができます。また保健師や助産師の専攻課程も併設している学校では、それぞれの資格取得の道も開けています(ただし、入試があります)。学費の面では、大学より安く、専門学校より高いというのがおおよそのところです。

専門学校

修業年限はほとんどが3年ですが、なかには看護師・保健師2つの国家試験受験資格を取得できる4年制専門学校もあります。専門学校では、全授業のおよそ3分の1を実習にあてています。1年生のうちは学内で、2・3年生では病院や保健所などで臨地実習を積み、卒業後、即戦力となる看護師を養成しています。

  • なお、編入学試験を実施しているほとんどの大学で、専門学校修了者も編入学試験を受験することが可能です。また、一定の要件を満たした4年制の専門学校卒業者には「高度専門士」の称号が付与され、大学院入学資格も得ることができます。

  • チュートリアル

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

看護学校合同説明会

2019看護医療模試 高校団体受験のご案内

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ