講師・合格者からのメッセージ

voice

講師's Voice ?看護医療系学校入学を目指すみなさんに聞いて欲しい、私たちのワンポイントアドバイス?

講師からのメッセージ

前中 利行(担当:数学)

  • 前中 利行
  • こんにちは。看護学校受験で「数学」を担当している前中です。

    私は、数学の講師をして30年になりますが、これまでにいろいろな生徒さんをみてきました 。 その中には、毎日何時間も勉強しているのに数学の成績だけがなかなか上がらないという人も数多くいました。 共通しているのは、“覚えるところを間違っている”ということです。 簡単に言うと、一度やったことのある問題を復習してその問題と答えをそのまま覚えてしまっているということです。

    しかし、これでは一度やったことのある問題しか解けません。 数学で“覚える”のは、“その問題が何の問題であるか”ということと、“その問題をどう解くのか”ということです。このように考えていけば、初めて見る問題でもそれが何の問題であるかが判定できるようになり、その問題の解き方にしたがって解くことができるようになります。

    私の講義ではただ単に問題を解いて答えを教えるなんてことはしません。 まず、各自で問題を解いてもらい、そのあとでどんな基礎知識(公式など)が必要かをまとめます。最後に、その基礎知識をどのように使って答えを導き出すかを講義していきます。

    われわれ東京アカデミー講師はあなたの努力を無にすることは決してありません! もう、“数学はできない”と諦めないで、生講義という対面でしか味わえない臨場感を体感してみてください! 諦めなかった人が最後は必ず勝ちます。

    さあ、数学が苦手だという方、私と一緒にもう一度数学をやり直してみましょう。扉は必ず開かれます!

ページトップへ

戸田 勝啓(担当:数学)

  • 戸田 勝啓
  • 静岡校で看護医療学校受験の数学を担当しています戸田です。
    いきなりですが・・・
    資格を取得するためには、まず看護医療学校を受験して合格する必要があります。 そのためには受験勉強をしなくてはいけません。

    『数学』と聞いただけで頭が痛くなる人は少なくないと思います。 しかし、志望校の受験科目に数学が入っていたらどうしますか? 志望校を諦めますか? 数学が苦手な人にとっては難しい選択を迫られることになります。

    私は過去に数学が苦手なのは承知の上で、数学受験にチャレンジした受験生を何人も見てきています。 特に学校を卒業してから何年もの月日が経っている方は、過去に学習したことをほとんど忘れてしまっていることもあり、最初は本当にできません。 テストをやっても10点や20点は当たり前です。

    でも、本当の勝負はここからなのです。 勉強している本人は、予想していたとはいえ不安でいっぱいだと思いますが・・・ 実は、過去に学習したことを忘れてしまっている方がよい場合もあるのです。 何かおかしなことを言っていると思われるかもしれませんが、 これがゼロからスタートする人の強みなのです。

    それは何も知識がないため、私の教えることは何の疑問も感じずに、すべて受け入れることができるからです。 つまり本当に苦手になるか得意になるかは、ここから改めてやり直すことができるのです。 同じ人がやるのだから過去を繰り返すことになり、やっぱり苦手になりそうな気がするかもしれませんが・・・

    そんなことはありません。何故なら、同じ人ではなく、違う人なのです。明確な目標を持っている今は、昔の自分とは違う自分です。 過去に逃げ出したことにも、今ならば正面から立ち向かえるはずです。

    さあ、夢を現実のものにするために、一緒に頑張りましょう。

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2017年度看護医療系学校合同説明会

2017年看護医療模試申込受付中

2017年保健師・助産師学校模試申込受付中

2017年通信講座申込受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ