公務員(高卒)試験案内

outline

地方公務員 都道府県職員・政令指定都市職員の概要

職 種

写真都道府県職員の場合
一般事務、警察事務、学校事務、農業、土木、農業土木、林業、電気、機械、建築、警察官、女性警察官、交通巡視員など
政令指定都市職員の場合
一般事務、学校事務、土木、電気、機械、建築、消防など
〈短大及び専門学校卒業以上の有資格者を対象に、保育士・栄養士・司書・保健師など〉

ページトップへ

試験構成

第1次試験
各自治体によって異なります。一般的には教養試験・適性試験(事務系のみで、技術系や有資格者対象の試験は専門試験)・作文試験が実施されます。
第2次試験
各自治体によって異なります。一般的には面接試験(個別面接)を中心に、適性検査(クレペリン検査・YG検査など)や身体検査などが行われます。また、作文試験が2次試験で実施される自治体もあります。
※各自治体の試験構成については下記ページもご覧ください。
実施概要[都道府県]実施概要[政令指定都市]

ページトップへ

INFORMATION

受験資格
各自治体によって異なります。ただし、学歴規定を設けている自治体が多く、ほとんどの自治体で大学卒業(見込)者は受験できません。
受付期間/試験日/合格発表日
各自治体によって異なりますが、一般的には受付期間が8月上旬~9月上旬、第1次試験日が9月第4日曜日、最終合格発表日が10月下旬から12月上旬という日程で実施されます。各自治体の試験日程については下記ページもご覧ください。
都道府県職員試験日程政令指定都市職員試験日程
合格から採用まで
最終合格者は、試験区分別に各自治体の人事委員会の作成する採用候補者名簿に得点順に記載され、各人事委員会は欠員状況及び本人の希望などを考慮の上、採用を決定します。

ページトップへ

地方公務員 市町村職員の概要

職 種

一般事務、技術職、消防など
〈短大及び専門学校卒業以上の有資格者を対象に、保育士・看護師・保健師・栄養士など〉
※採用の有無は欠員状況によります。特に中小の市町村では毎年採用試験が実施されるわけではなく、昨年実施されたから今年も実施されるとは限りません。最新の試験情報は最寄りの東京アカデミーにお尋ねください。

ページトップへ

試験構成

第1次試験・第2次試験
都道府県職員の試験に比べ、幾分簡略化されており、第1次試験・第2次試験の中で、教養試験・作文試験・適性試験・面接試験(個別面接)・適性検査(クレペリン検査・YG検査など)などが実施されます。なお、技術職や有資格者対象の試験では専門試験も行われます。中には、近隣の市町村で、共通の教養試験の問題が用いられるケースも見られます。

ページトップへ

INFORMATION

受験資格
各市町村によって異なります。受験年齢に加え都道府県職員同様、学歴規定を設けている市町村が多くあります。また、市町村内居住者に限るところもありますので注意が必要です。
第1次試験日
各市町村によって異なりますが、9月第3日曜日もしくは9月第4日曜日に第1次試験を実施する市町村が比較的多く、中には7月や8月、10月に第1次試験を実施する市町村もみられます。
合格から採用まで
最終合格者は、試験区分ごとに各市町村の作成する採用候補者名簿に得点順に記載され、各市町村は意向調査を行った上で、欠員状況及び本人の希望などを考慮し、採用を決定します。

ページトップへ

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

公務員模試受付中

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ