看護師国家試験案内

outline

保健師 試験の概要

試験日
毎年2月中旬~下旬
(第105回:平成31年2月15日(金))
合格発表
毎年3月下旬
(第105回:平成31年3月22日(金))

試験科目

  • ・公衆衛生看護学
  • ・疫学
  • ・保健統計学
  • ・保健医療福祉行政論

保健師国家試験問題はコチラ

厚生労働省「第104回保健師国家試験、第101回助産師国家試験、第107回看護師国家試験の問題及び正答について」

※試験概要は、毎年8月初めに厚生労働省より発表されます。

保健師国家試験概要はコチラ

厚生労働省「保健師国家試験の施行」

ページトップへ

保健師助産師看護師国家試験出題基準平成30年版について

保健師助産師看護師国家試験出題基準平成30年度版が厚生労働省より発表されました。

厚生労働省「保健師助産師看護師国家試験出題基準 平成30年版について」

ページトップへ

試験内容・試験時間

第105回試験
  方式 出題数 時間
午前 客観式一般問題 40問 75分
客観式状況設定問題 15問
(2連問又は3連問)
午後 客観式一般問題 35問 80分
客観式状況設定問題 20問
(1問又は2連問又は3連問)

ページトップへ

受験資格について…

次のいずれかに該当する者

(1) 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校(以下「指定学校」という。)において1年以上保健師になるのに必要な学科を修めた者(平成31年3月15日(金曜日)までに修業する見込みの者を含む。)

(2) 文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、都道府県知事の指定した保健師養成所(以下「指定養成所」という。)を卒業した者(平成31年3月15日(金曜日)までに卒業する見込みの者を含む。)

(3) 保健師助産師看護師法第2条に規定する業務に関する外国の学校もしくは養成所を卒業し、又は外国において保健師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの

(4) 保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成21年法律第78号。以下「改正法」という。)の施行の際(平成22年4月1日)現に改正法による改正前の保健師助産師看護師法(以下「旧法」という。)第19条第1号に該当する者

(5) 改正法の施行の日(平成22年4月1日)前に旧法第19条第1号に規定する学校に在学し、施行日以後に同号に規定する要件に該当することとなった者(施行日以後に同号に規定する学校に入学し、当該学校において6月以上保健師になるのに必要な学科を修めた者を除く)

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2019看護師模試

2019看護師・保健師模試 学校団体受験のご案内

2019理学・作業療法士模試 学校団体受験のご案内

イベントカレンダー

event calendar
 

看護師(医療系) SNS

sns

ページトップ