各資格試験案内

outline

ケアマネジャー 試験の概要

資格を取るまでの流れ

ケアマネジャー(介護支援専門員)の試験の正式名称は「介護支援専門員実務研修受講試験」といい、全国一律の日時と問題で各都道府県が実施します。なお、試験合格後に実務研修を受講しなければ、資格を取得することはできません。

介護支援専門員実務研修受講試験

  • 毎年6月または7月頃
  • (※都道府県によって異なります)
  • 受験申込書配付・受験申し込み

↓

  • 受験資格審査

↓

  • 令和元年10月13日(日)
    受験

↓

  • 令和元年12月3日(日)
  • 合格発表

↓

  • 介護支援専門員実務研修 受講

↓

  • 介護支援専門員 名簿登録

↓

  • 介護支援専門員 登録証明書発行

試験科目・試験内容・試験時間

■第22回試験
区分 出題数 形式 時間
介護支援
分野
  • 介護保険制度の基礎知識
  • 要介護認定等の基礎知識
  • 居宅・施設サービス計画の基礎知識等
  • 25問
五肢複択
方式
120分
保健医療福祉
サービス分野
  • 保健医療サービスの知識等
20問
  • 福祉サービスの知識等
15問
  計60問    

※第18回(平成27年度)試験より解答免除は廃止されましたので、ご注意ください。

第21回の試験問題はこちら

東京都福祉保健局「平成30年度東京都介護支援専門実務研修受講試験に係る正答番号及び合格基準の公表について」

※試験概要は、毎年5月下旬に各都道府県より発表されます。受験地の介護支援専門員実務研修受講試験に関するHPでご確認ください。

ページトップへ

受験地について…

受験地は、受験申込日現在、受験資格に該当する業務の勤務地によって決まります。

【受験地の基準】
申込日現在の業務 受験地の基準
受験資格対象業務の場合 勤務地
受験資格対象業務でない場合、または無職の場合 住所地

※複数の勤務地がある場合は、主たる勤務地の所在する都道府県での受験となります。

ページトップへ

受験資格について…

以下の1~5の業務従事期間が通算して5年以上かつ従事日数900日以上

1.法定資格保有者
保健・医療・福祉に関する以下の法定資格に基づく業務に従事した期間
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む)、精神保健福祉士
2.生活相談員
生活相談員として、(地域密着型)介護老人福祉施設・(地域密着型)特定施設入居者生活介護(介護予防を含む)において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談援助業務に従事した期間
3.支援相談員
支援相談員として、介護老人保健施設において、要介護者等の日常生活の自立に関する相談援助業務に従事した期間
4.相談支援専門員
障害者総合支援法第5条第18項及び児童福祉法第6条の2の2第7項に規定する事業の従事者として従事した期間
5.主任相談支援員
生活困窮者自立支援法第3条第2項に規定する事業の従事者として従事した期間

詳しい受験資格はコチラ

公益財団法人東京都福祉保健財団「東京都介護支援専門員実務研修受講試験」

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

管理栄養士講座案内

社会福祉士模試申込受付中

管理栄養士模試申込受付中

管理栄養士・社会福祉士模試 学校団体受験のご案内

社員研修レポート

イベントカレンダー

event calendar
 

資格試験(福祉系) SNS

sns

ページトップ