開講講座案内

course

通信講座

特徴

公務員

★自分のペースで、本命試験に的を絞った「学習スケジュール」を立てよう!
通信講座の最大の魅力は「自分のペースで学習できる」こと。東京アカデミーの通信講座では、課題ごとの提出期限をあえて設けていません。なぜなら、仕事や学校と受験勉強に忙しい受験生の皆さんに、無理なくしっかり学習していただきたいからです。通信講座受講生には、最新の試験傾向に沿って毎年改訂している教材を発送いたします※。通学講座と同じ教材を使用して、目標やスケジュール・学力レベルに合わせて効率良く学習していただけます。また、最初の教材発送とともに「受講の手引」、「学習の進め方」を進呈。自宅学習を始めるにあたってのアドバイスを掲載しています。
※時期に応じて最新版をご送付しますので、入会(申込)時期及び受験年度によっては後日発送となるものもございます。

★通信講座受講生にも“Live(生講義)感覚のフォロー”を。
東京アカデミーは、設立以来、「Live形式(生講義スタイル)」にこだわった受験指導を実施しています。そこで培ったノウハウと情報を、ぜひ通信講座受講生にも提供したい。そのような願いから、東京アカデミーならではの受験サポートを実施しています。
その①人物試験対策
1次(筆記)試験合格後は、入会校舎における「個別面接練習や集団討論練習など(事前予約制)*」を実施し、最終合格に向けた「人物試験対策」についてもサポートします。また、全国32校の東京アカデミーの修了生が残してくださった『受験報告書』も随時閲覧可能です。
*ご利用にあたっては、1人1回・受験年度内での受付となります。
その②受験相談
公務員試験は情報合戦です。通信講座受講生も入会校舎にて受験相談・情報収集が可能です。地方公務員は2018年度から統一試験日の教養試験が大きく変更となりました。東京アカデミーは全32校で協力して各自治体の出題パターンを調査し、受講生に情報提供します。
その③大人気!官庁・自治体説明会
東京アカデミーでは、官庁・自治体の現職の話が聞ける「官庁・自治体説明会」を開催しています。通信講座受講生も、もちろん参加(無料)できます。2018年度は、のべ303の機関が参加し、のべ13,910人の受験生が集いました(2018.5.21現在)。
その④新教養試験の情報も提供!地方公務員受験セミナー
東京アカデミーでは、「地方公務員受験セミナー」を実施しています。各自治体の試験情報から、東京アカデミーだからこそ提供できるノウハウを提供します。地方公務員の新教養試験(2018年度から実施)の情報も収集・提供します。

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2019 新教養試験攻略ゼミ

2019年度試験対策講座受付中

公務員模試受付中

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ