公務員(大卒)試験案内

outline

地方公務員 地方上級公務員試験の概要
[都道府県・政令指定都市・市町村]

地方公務員とは、地方公共団体(都道府県・政令指定都市・市町村)のすべての公務員をいいますので、県庁や市役所の職員だけでなく、警察官や消防官も地方公務員に含みます。

このページでは、都道府県・政令指定都市・市町村の試験概要を掲載しています。警察官・消防官の試験情報については、警察官・消防官ページをご覧ください。

都道府県・政令指定都市

試験日程

ページトップへ

試験内容

1次試験は教養試験と専門試験が課されます。また、論文や適性検査が実施される場合もあります。自治体ごとの実施科目は実施概要[都道府県]実施概要[政令指定都市]に掲載しています。

ページトップへ

受験資格

都道府県では学歴制限を設けず年齢制限のみという場合が多いですが、政令指定都市では年齢制限に加え大卒(見込み含む)であることを要件にしている場合が多く見られます。
また、学歴制限を設けず年齢制限のみの自治体では、中級試験を大学生(卒)が受験できるところもあります。試験科目に専門科目が課され、実態は「短大生ではなく大学生のための中級試験」となっていることも多いので、希望自治体の中級試験が受験可能か見逃さないようにしましょう

ページトップへ

試験区分(例)

  • 行政系:一般行政・教育行政・警察行政・福祉行政
  • 技術系:土木・建築・機械・電気・化学・水産・畜産・林業・農業・農業土木・農業経済・環境科学など
  • その他:公立小中学校事務・社会福祉・保健師・保育士・(管理)栄養士など

ページトップへ

市町村

試験日程

各市町村の試験日は例年同じ日程で行われることが多いので、まずは受験したい市町村をいくつかピックアップしてこれまでの試験日程を調べ、その日程を目安に学習を進めましょう。例年であれば全国的に統一実施日とも呼べる試験日が数回あり(下表参照)、大多数の市町村はこの統一試験日のいずれかで実施されます。なお、年度によっては採用試験が実施されない市町村もあるため、こまめな情報収集が不可欠です。

A日程

府県・政令指定都市と同じ6月の第4週または第5週の日曜日が第1次試験日です。主に県庁所在地の試験が実施されます。

B日程

7月の第4週が第1次試験日です。多くの市役所で試験が実施されます。専門試験を課すところが多いですが、教養試験のみで受験できる自治体もあります。

C日程

9月の第3週の日曜日が第1次試験日で、多くの市役所および町村役場の採用試験が実施されます。この日は、初級(高校卒業程度)の試験が同時に実施される場合も多く、特に試験区分を設けずに大卒者から高卒者まで同一の試験を受験させる場合もあります。

独自日程

A・B・C日程以外(例:5月・8月・10月)で第1次試験を実施する自治体もあります。日程が異なることから受験者が集まるため、比較的競争率が高くなる傾向が見られます。

ページトップへ

試験内容

自治体によって異なりますが、都道府県・政令指定都市と同様に、多くの自治体で1次試験では教養試験、専門試験が課されます(ただし、近年は専門試験を実施する自治体は減ってきているようです)。また、論文、適性検査などが実施されることもあります。同一日程で行われる試験の問題はほとんど同じ出題内容となっていることが多いです。なお、教養試験については、「統一試験日の教養試験について」もご覧ください。

ページトップへ

受験資格

市町村試験の受験資格は①年齢制限と②学歴資格の2つを設けていることが多いですが、さらに居住地制限(住所要件)を設けているところも少数ながらあります。

合格の決め手は生講義!公務員、教員等の採用試験、看護師、管理栄養士等の国家試験対策講座・予備校である東京アカデミーは、DVDやWEB講義のような一方通行の講義でなく、受講生の理解度を確認しながら講義を進めていけるため、理解度は抜群です。

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

短期講習

2018・2019年度試験対策講座受付中

2018年公務員模試

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ