公務員(大卒)試験案内

outline

大卒程度の公務員試験とは

公務員は「全体の奉仕者」(日本国憲法15条)という言葉で表されるように、国民の生活に不可欠な行政サービスを提供し、国民の幸福・福祉の向上を支える重要な仕事です。業務内容は多岐にわたりますが、その仕事の幅広さ・民間企業では取り組む事のできないようなスケールが感じられるものが多いこと、身分が安定していることなどから人気の職業です。

公務員(大卒程度)の種類

国家公務員

総合職(院卒者・大卒程度)
主として政策の企画立案等の高度の知識、技術又は経験等を必要とする業務に従事します。
一般職(大卒程度)
主として事務処理等の定型的な業務に従事します。
専門職(大卒程度)
特定の行政分野に係る専門的な知識を必要とする業務に従事します。試験の種類として、法務省専門職員、外務省専門職員、国税専門官、労働基準監督官などがあります。
その他(特別職)
裁判所職員、衆議院事務局職員、参議院事務局職員、防衛省専門職員などの職種があります。

独立行政法人

国立大学法人等職員
法人職員として、事務区分採用者は大学等の事務局又は学部等の事務部での総務・人事・財務・学生支援・国際交流・研究支援等の業務を行い、図書業務区分採用者は、図書館・図書室での図書業務を行います。また、技術系採用者は施設管理、教育研究の技術的サポート業務等に従事します。

地方公務員

事務系
本庁や出先機関において、庶務、経理、政策の企画・立案などを担当します。地域に密着した職場ということで、人気が高く、例年難度の高い試験となっています。
技術系・専門職
電気・機械・土木・建築などの専門知識を活かした職務に従事します。専門職とは資格取得(見込)が条件となる職種で、保健師・保育士・栄養士などの募集があります。
警察官
社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行います。採用は各都道府県単位で行われ、他の職種とは別に採用試験が実施されます。
消防官
火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ仕事です。採用は市町村単位で行われます。(東京消防庁は都単位)

地方公務員は主に学歴によって、上級(大卒)・初級(短卒・高卒)などに分け、各自治体ごとに試験が実施されます。

ページトップへ

公務員(大卒程度)試験の日程と内容

日 程
受付期間 4月上旬~6月上旬
第一次試験 6月
第二次試験 7月上旬~8月上旬
最終合格発表 8月上旬~9月上旬

※おおよその日程ですので、該当しない試験もあります。

教養(基礎能力)試験 大きく分けて、一般知能一般知識に分けられます。一般知識は、社会や理科などの科目です。一般知能というのは数学の文章題やパズルのようなものです。これらの問題が合計40~50題程度で約半分ずつ出題されます。解答方式は基本的には五肢択一式になっています。 一般知能を攻略できるかどうかが大きなポイントとなります。
専門試験 行政職系技術職系で内容が大きく異なります。行政職系では法律や経済などが、技術職系ではそれぞれ志望職種ごとの専門科目が課されます。文学部や教育学部出身者にとっては最難関の試験といえますが、ポイントを絞った学習で攻略は十分可能です。市町村では専門試験が課されないところもあります。
人物・その他試験 人物試験では論文試験・面接試験・集団討論試験などがあります。また、その他に、専門記述試験や体力試験、適性検査、身体検査などがある場合もあります。試験によって異なりますので、よく確認しておきましょう。

※おおよそですので、該当しない場合もあります。

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2020・2021年度試験対策 民法改正攻略ゼミ

2019年度試験対策講座受付中

2019公務員模試 学校団体受験のご案内

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ