傾向と対策

trend

集団討論課題例 地方公務員[都道府県]

東京アカデミーが長年にわたって収集している公務員試験情報の中から集団討論課題の一例を掲載しています。
★最新の情報は最寄りの東京アカデミー各校舎へ →学校一覧はこちら

◆ご注意◆
ここで挙げた出題例は、東京アカデミーが聞き取りによって復元したものも含まれています。
実際の出題と異なる場合もあると思われますが、その点はご了承下さい。

北海道職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】45分【1グループ人数】7~8人
・過疎地域でのひとり暮らしの高齢者に関わるモデル(試行)事業を実施することとした。事業目的は、生活面での課題への解決策をみつけることである。最も効果的な事業テーマとアイディアを挙げなさい。(予算は同額とする。)
・外国人観光客の受入側の環境整備として、外国語看板(表示)の設置を進めることと、外国語対応ガイド等の人材育成を進めることのいずれを優先すべきか。(予算は同額とする。)
・新たに整備する公園の中に設置する設備検討に関して、子ども向けの遊具の数を減らして、成人向けの健康維持器具にすべきとの意見がある。その是非について述べなさい。
・人口1万人の農業・水産業を主産業とする町の中心部に位置し、利用者が減少傾向にある施設「道の駅」をリニューアルする計画があり、提案を求められた。当町では、観光客や買い物客の増加につながる中核施設としたい意向であるが、どのようなことに着目して提案を行うか。
・北海道がオリンピックを誘致する場合、夏季にすべきか冬季にすべきか。また誘致にあたって何をアピールしていくか。
・住宅が点在化している道内の農村地域では、高齢者の移動手段の確保が重要課題となっている。 このような中、高齢ドライバーの交通事故防止策として、最も有効と考えられる対策は何か。
・道内の過疎地域における生活者の利便性を高めるために、自動車の速度制限を緩和してはどうかとの提案を受け、様々な角度から検討を行うこととなった。このような提案について複数の観点から検討しなさい。
・現在、高齢者・障害者・妊婦・けが人向けの専用席を常設しているバスや電車について、通勤・通学時など混雑する時間帯における専用席の扱いについて見直しを行うこととなった。このような場合、どのような観点から、どのような見直しを行うべきか議論しなさい。
・車両の速度違反や駐車違反などの交通取締の現行の手法に関して、いわゆる「DJポリス」の手法を参考とした取組を導入してはどうかとの提案があった。どのような取組を導入すべきか、具体的な取組内容について議論しなさい。
《6月試験》
・科学分野における優れた研究者を道内から輩出するため、小・中学校などの教育機関の実験室といった施設や設備を充実させるべきであるとの意見を受け、道として検討を行うこととなった。 こうした意見に対する是非を含めて、どのような観点から検討すべきか議論しなさい。(事業期間10年間、各提案に係る事業予算額は同額とする)
・1960年代から70年代に整備された我が国の社会資本は、今後急速に老朽化が進み、維持管理費用が増大する見込みであることが明らかになっている。一方、既に策定済みの社会資本整備関係の計画においては、多くの未着手・未完成の事業がみられる。今後の社会資本整備のあり方に関して、維持管理、新規整備の方針を決めるために、道としてどのような対応をとるべきか。具体例を挙げながら議論しなさい。
・ある地方独立行政法人では、現在、道予算を財源とする行政ニーズにかかわる研究課題と、政府の競争的資金を財源とする研究課題にのみ取り組んでいる。研究費を含む法人運営費を交付する道として、当該法人が上記2つの研究課題に取り組む比重に関して、どのような考え方に基づいて運営費の交付について検討すべきであるか議論しなさい。
・国内製造業の一部は、常に技術革新を進めて製品の魅力を高めようとした結果、一方では、「過剰技術」「過剰性能」に陥り、製造コストが高くなるだけで、市場での評価につながっていないとされ、他方では、世界の技術標準を先取りしている証左であるといった異なる指摘がある。 こうした事例に当てはまると考えられる身の回りの例をいくつか挙げ、どのようなところが「過剰」であるか議論しなさい。また、道において技術的知見を活用するに当たり留意すべき事項について議論しなさい。
・道民の道産米の消費割合の高さや、国産米における道産米の食味レベルの状況などから、道産米開発以外の研究分野に対する道研究開発予算の配分や、技術指導予算への重点配分などを求める意見が出された。道の研究開発予算を5つの重点研究に充てるとする場合、道はどのようなルールで配分すべきであるか、上記の意見を踏まえて、最も望ましい配分ルールは何か議論しなさい。
・道内で急増するエゾシカの個体数管理の課題のひとつに狩猟者の担い手確保が挙げられている。具体的な確保策として、若者に対して狩猟免許の取得を促すべきであるとの意見を受け、道として検討を行うこととなった。こうした意見の是非も含め、狩猟者の担い手確保策に関して、道はどのような取組を行うべきか、具体的な取組内容について議論しなさい。
・森林や湿原・湖沼のほか、様々な動物が生息する北海道の良好な自然環境をテーマに、小学生向けの環境教育を検討することとなった。テーマを2つ設ける場合、どのような観点からテーマを選定すべきか議論しなさい
《9月試験》
・道では、大学と連携して特定の行政課題を解決することを目的として、各大学から募集した事業提案を公開審査により選定し、大学と協働して事業を実施することとなった。どのような分野において提案を求めるのがよいか、期待される効果等も含めて議論しなさい。
・道民へのサービス向上や経費節減を図るため、知事部局(本庁各部等及び総合振興局・振興局)の電話窓口を一元化した「道庁コールセンター」を設置してはどうかとの意見があった。設置した場合の効果や課題をどのように考えるか。また、設置に当たりどのような点に留意して取組を進めるべきか議論しなさい。なお、担当部署への単純な電話交換等の業務は、本議論の対象としない。
・過疎地域における医療対策として、新たな医師や看護スタッフの地域外からの招へいではなく、従来から行っている健康診断事業の充実により対応してはどうかとの提案があった。他の案も含め、最も望ましいと考えられる提案は何か議論しなさい。なお、事業期間は10年間とし、各提案に係る事業予算額は同額とする。
・我が国の人口は、2040年には1億700万人となり、現在より約2,000万人(約16%)減少するとの推計が公表されている。これに関連して、日本がGDP(国内総生産)を維持するには、毎年50万人分の労働力を補う必要があり、移民政策を積極的に進めるべきとの意見がある。こうした意見に対する賛否とその理由について述べなさい。また、移民政策を進める場合、(または進めない場合)に、どういった取組を行うべきか議論しなさい。
・子どもの生活リズムの向上を図るため、学校、家庭、地域が連携した「早寝早起き朝ごはん」運動が全国の各地域で展開されている。
この運動のうち「朝ごはん」に関して、「働く女性や共働き夫婦が増えている中で、朝ごはんづくりは現実的に難しい状況となっているのではないか。」との指摘があった。こうした意見をどのように捉えて今後対応すべきか、また、どのようなことに留意してこの運動を進めていくべき(または見直していくべき)か議論しなさい。

ページトップへ

青森県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】40分【1グループ人数】6人
・環境省の調査によると、平成23年度における本県の一般廃棄物(家庭やオフィス等から排出される廃棄物で、産業廃棄物以外のもの)のリサイクル率は13.6%で全国43位、1人1日当たりの排出量は1,038gで同じく全国43位となっている。
本県のごみ処理における課題を解消するためにはどのような対策が必要か、グループの意見をまとめなさい。
※グラフ有り
【青森県におけるゴミ減量化に向けた取組例】
レジ袋削減(レジ袋無料配布の取り止め)の取組、古紙リサイクルエコステーションの整備、経済的・効果的に古紙回収を行う「オフィス町内会」の設立 等。
・児童虐待の対応については、2000年11月に施行された「児童虐待の防止等に関する法律」が、2004年及び2007年に改正され、制度的な対応について充実が図られてきた。しかし、重大な児童虐待事件が後を絶たず、全国の児童相談所における児童虐待に関する相談対応件数も増加を続け、2010年には5万6384件(福島県を除く)となるなど、依然として社会全体で取り組むべき重要な課題となっている。
なお、主たる虐待者は実母が 60.4%、実父が 25.1%となっている。
児童虐待は、子どもの心身の発達及び人格の形成に重大な影響を与えるため、児童虐待の防止に向け、
①虐待の「発生予防」
②虐待の「早期発見・早期対応」
③虐待を受けた子どもの「保護・自立支援」
に至るまでの切れ目のない総合的な支援体制を整備、充実していくことが必要である。
このため、家庭における相談・指導等の支援、学校における早期発見・早期対応体制の充実、虐待を受けた子ども等に対する社会的養護の充実などに取り組むことが重要となるが、それぞれの具体的な対策について、グループの意見をまとめなさい。
「児童虐待の防止等に関する法律」の主な改正点
2004 年・・・(1)児童虐待の定義の見直し、(2)国及び地方公共団体の責務の改正、(3)児童虐待に係る通告義務の拡大、(4)警察署長に対する援助要請等、(5)面会・通信制限規定の整備、(6)児童虐待を受けた子ども等に対する学業の遅れに対する支援、進学・就職の際の支援等に関する規定の整備
2007 年・・・(1)児童の安全確認等のための立入調査等の強化、(2)保護者に対する施設入所等の措置をとられた児童との面会または通信等の制限の強化、(3)児童虐待を行った保護者が指導に従わない場合の措置を明確にする規定等の整備
・車社会の進展や、大規模小売店舗の郊外への立地などが進んだ結果、中心商店街の客足が伸び悩み、空き店舗が増加するなどその活性化が全国的な課題となっている。特に青森県内各市の中心商店街における空き店舗率は、平成10年度の11.6%から平成20年度以降は18%台と高い水準となっており、商店街の活力が失われている状況にある。
そこで、どのようにすれば、今後、中心市街地の衰退や空洞化の進行を防ぎ、活性化することができるのか、グループの意見をまとめなさい。
※数表有り

ページトップへ

岩手県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】Ⅰ種【時間】40分【1グループ人数】7~10人
・就職活動解禁の時期が3月に繰り下げられることの是非について
・男性の育児休業についての課題

ページトップへ

宮城県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】40~50分【1グループ人数】8~12人
・「震災の記憶を次世代に伝えていくためにはどのような取り組みが必要か」というテーマで議論し、グループの意見をまとめなさい。
・学生の就職活動開始時期の繰り下げによって発生するメリット・デメリットについて、グループで論ぜよ。

ページトップへ

山形県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】(60~90分)討論45~70分【1グループ人数】8~10人
・ツイッターやフェイスブック等のSNSの活用は、短時間で広い範囲に情報を伝達できるため、例えば東日本大震災の際は情報共有化の面で高い評価を得たが、一方で復興庁の職員のツイッター上での不用意な発言がたちまち全国に拡散するなど、活用に当たって慎重に考慮すべき面も多いと考えられる。
ついては、次の点について討論しグループとしての意見をまとめなさい。
(1)SNSを行政サービスで活用する場合のメリット、デメリットを挙げ、その是非についてまとめなさい。
(2)上記(1)の結論によって生じる課題に対する対応策についてまとめなさい。
・年金制度について、社会保障費の増加を抑制するために給付水準を下げるのはやむを得ないとする意見がある一方、国民の負担は増えても給付水準は維持すべきだとの意見もある。
ついては、次の点について討論しグループとしての意見をまとめなさい。
(1)年金の給付水準の見直しの是非についてまとめなさい。
(2)上記(1)の結論によって生じる課題に対する対応策についてまとめなさい。
・山形県農産物等統一シンボルマークである「ペロリン」をはじめ、本県にも地方公共団体が作成したキャラクターがいくつかあるが、こうしたキャラクターを誰でも自由に使えるようにすべきとの意見がある一方、使用者を制限すべき(例えば許可制にする。)との意見もある。
ついては、次の点について討論しグループとしての意見をまとめなさい。
(1)地方公共団体が作成したキャラクターを誰でも自由に使用させることの是非についてまとめなさい。
(2)上記(1)の結論によって生じる課題に対する対応策についてまとめなさい。
・アロハシャツや短パンなどの着用を認める「スーパークールビズ」の導入について、涼しい服装をすることで冷房温度を上げることができ節電につながるとする意見がある一方、だらしなく来客者や訪問先に対して失礼であるとの意見もある。
ついては、次の点について討論しグループとしての意見をまとめなさい。
(1)県においてスーパークールビズを導入すべきか否かについてまとめなさい。
(2)上記(1)の結論によって生じる課題に対する対応策についてまとめなさい。
・夫婦が望む場合には、結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の氏を称することを認める選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)については、様々な意見がある。
ついては、次の点について討論しグループとしての意見をまとめなさい。
(1)選択的夫婦別姓制度の是非についてまとめなさい。
(2)上記(1)の結論によって生じる課題に対する対応策についてまとめなさい。

ページトップへ

福島県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】60~80分【1グループ人数】8~16人
・東日本大震災や原子力発電所事故により、多くの県民が避難を余儀なくされているが、地域のコミュニティを維持していくためにはどうすればよいか、グループの意見をまとめなさい。
・選挙の投票率を上げるためにはどうすればよいか、グループの意見をまとめなさい。
・児童の体力向上を図るためにはどうすればよいか、グループの意見をまとめなさい。
・「食の安全・安心」を確保するためにはどうすればよいか、グループの意見をまとめなさい。
・国際化の進展に対応できる人づくりのためにはどのような取組が必要か、グループの意見をまとめなさい。

ページトップへ

茨城県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】(80分)討論70分【1グループ人数】6人
・政府は、地球温暖化対策の一環として、平成17年度より、冷房時の室温28℃でも快適に過ごすことのできるライフスタイル「クールビズ」を推進しており、本県においても、節電対策及び省エネルギー推進のため、現在、執務室内等での軽装を励行しています。
そこで、「クールビズ」について、次の点についてグループとしての意見をまとめてください。
1.「クールビズ」について、現在の取り組みで十分と考えるか、または、不十分だと考えるか、理由を述べてください。
2.1 を踏まえた上で、今後さらに、行政としてどのような取り組みが必要か述べてください。

ページトップへ

埼玉県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】一般行政【時間】40~60分【1グループ人数】7~8人
・日本の魅力を海外に強力に発信していくため、本年2月、国は「クールジャパン推進会議」を設置し、さらに5月には「アクションプラン」を策定するなど、「クールジャパン」に係る官民一体となった取組の強化が進められている。
そこで、次の2点について順次討論し、グループとしての意見をまとめなさい。
1.「クールジャパン」でいう日本の魅力とは何か。
2.その魅力をどのように生かし、それによりどのような効果が期待できると考えるか。

ページトップへ

千葉県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】一般行政【時間】60分【1グループ人数】6人
・千葉県の観光客を倍増させる秘策について。

ページトップへ

東京都職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】Ⅰ類B【時間】行政(新方式)【1グループ人数】50分
【グループワーク】
・あなた達は都庁の都市交流担当である。
東京都は、国際親善を目的として、世界10都市が集まるシンポジウムを開催する予定である。
国際シンポジウムでは、参加都市がそれぞれの都市の魅力を発表することになっており、東京都としてはこれを機に国際社会での東京の存在感を強めたいと考えている。
そこで、チーム内で議論し、他都市にアピールできる「東京の魅力」を3点考え、都庁内の関係者に説明することを念頭にホワイトボードにまとめなさい。
・あなた達は都庁の都市交流担当である。
東京都は、A国の首都であるB市と姉妹友好都市として、新たに提携することとなった。
提携書への調印式は、B市の中心部に位置する大講堂で実施する予定であるが、その際に、東京都知事から「東京らしい風景」を3枚撮影した写真をパネルにし、友好の証として贈呈することになっている。
そこで、チーム内で議論し、どんな写真を撮影するかを考え、都庁内の関係者に説明することを念頭にホワイトボードにまとめなさい。

ページトップへ

神奈川県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】I種【時間】(90分)討論30分【1グループ人数】6~8人
・地方公共団体では、今後、高齢化の進展等により介護・医療関係費の増加が見込まれるなど、更なる財源不足が予想されます。そこで、将来を見据えた財源確保策についてグループで意見をまとめなさい。
・厳しい就職環境の中にあっても新規学卒就職者の早期離職率は高く問題となっている。早期離職に至る原因を考え、どのようにしたら離職者を減らすことができるか、グループで意見をまとめなさい。〈チャレンジ早期枠〉

ページトップへ

山梨県職員(大卒程度)

平成24年度
【区分・職種】上級・職務経験者【時間】40~45分【1グループ人数】4~8人
・山梨県では全国に先駆け、昨年12月に「おもてなしのやまなし観光振興条例」を制定し、「住んでよかった、訪れてよかった」と思える活力に満ちた地域社会の実現を目指していますが、「最高のおもてなし」とは何か、また、それを実現するためにはどのような施策が必要か意見をまとめなさい。

ページトップへ

長野県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】(60分)討論40分【1グループ人数】4~8人
・企業や官公庁等において、女性の管理職を増やすため、管理職に占める女性の割合を一定以上にすることを義務付ける法律を制定することに、あなたは賛成(○)か反対(×)か。
・大学生の就職活動の時期について、経団連は企業説明会の開始を遅らせて大学3年生の3月からにするなどの見直しを決定したところであるが、あなたはこの就職活動の時期の後ろ倒しに、賛成(○)か反対(×)か。
・小中学校の土曜日授業について、民間の調査では7割を超える保護者が復活を望んでいるという結果が出ているが、あなたは土曜日授業の復活に賛成(○)か反対(×)か。
・地域資源が世界自然遺産に登録されると、観光客が多くなる一方で、自然環境の悪化が進むことが懸念される。あなたは地域資源を積極的に世界自然遺産登録申請することについて、賛成(○)か反対(×)か。
・長野県内の山に入山料を導入することに、あなたは賛成(○)か反対(×)か。
・小学校低学年からの英語必修化に、あなたは賛成(○)か反対(×)か。
・救急車の有料化に、あなたは賛成(○)か反対(×)か。

ページトップへ

新潟県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】(65分)討論60分【1グループ人数】7~10人
・就職活動の後倒しについて。

ページトップへ

静岡県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】(60分)討論50分【1グループ人数】6~10人
・「おもてなし課」などユニークな名称の課を設置する自治体が増えているが、静岡県庁に設置したい課について討論してください。
・夫婦別姓の是非について討論せよ。

ページトップへ

富山県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】30分【1グループ人数】6~9人
・近年、日本・中国・韓国の関係が悪化しているが、今後日本はどのような対応をとっていくべきか。

ページトップへ

石川県職員(大卒程度)

平成23年度
【区分・職種】大卒【時間】60分
・今後の高年齢者雇用の在り方について。
・省エネルギーに関する取組みについて。

ページトップへ

福井県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】Ⅰ種【時間】40分
・世界に誇る福井のSATOYAMA〈7月23日〉
人々の暮らしや生物多様性を守るためには、原生的な自然に限らず、人々が古くから持続的に管理・利用してきた農地や二次林など、人が関わることによって形成・維持される二次的な自然環境を守っていくことも重要である。
二次的自然環境は、食料や水、良好な生活の場を人々にもたらし、人々が自然との関わりを通じて文化や伝統を育むことを可能としてきた。同時に、農作業などにより継続的に人の手が入る環境に適応・依存してきた多様な生き物が暮らす場でもある。
都市化や産業化、地方の人口増加や過疎化・高齢化により失われつつある二次的自然環境を改めて見直し、持続可能な形で保全・利用していくためにはどうすべきかを考え、行動しようという取組みが「SATOYAMAイニシアティブ」である。
昨年インドで開催された「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ」において福井県の里山を守る取組みを紹介し、評価を受けた結果、本年9月に、国際会議の福井県での開催が決定した。同会議において、本県の里山の魅力を国内外に発信するとともに、県民にも地元の里山の価値を見直す機会にできるよう、準備を進めている。
1.あなたが考える里山の魅力や価値、機能とは何か、述べなさい。
2.福井には里山が多く残る一方、過疎化や高齢化が進む中、今後も同様に里山を管理していくには、行政や住民の意識的な取組みが必要である。将来にわたり二次的自然環境を保全し、自然資源を利用していくためには、どのような取組みが必要か、自由に討論しなさい。
・県産品の販路拡大〈7月24日〉
首都圏では、従来から東京にある県のアンテナショップ「ふくい南青山291」で県産品の販売を行っており、さらに本年4月、銀座1丁目に「食の國 福井館」を開店して、焼き鯖寿司、へしこ、地酒のほか、ミディトマトなど季節の野菜等を販売している。
アンテナショップでは、福井県のおいしい「食」をアピールするとともに、顧客層や購買動向を分析し、利用客やバイヤーの評価を生産者にフィードバックし、県産品の改良や新商品開発を支援している。
県では、ほかにも、メイドインふくいの商品を掲載した福井県版「カタログギフト」を作成して、引出物や記念品など県内外での利用を促したり、県内の中小企業のネット通販を支援する取組みを行い、販路の拡大に努めているところである。
1.あなたが県産品を使って全国向けに商品開発をする場合、どのような特徴のある商品を開発するか、考えを述べなさい。
2.県産品の販路を拡大し、全国に売り込むためには、どのような取組みが必要と考えるか、自由に討論しなさい。
・Uターン・Iターン・Jターンの促進〈7月25日〉
平成24年3月に福井県内の高校を卒業した者のうち、県内大学への進学者は1,440人、県外大学への進学者は2,678人であった。県外大学への進学者のうち、大学卒業時に福井県でUターン就職する者の割合は、例年約4分の1にすぎない。
県では、県外の大学などに進学した学生の U ターン就職を促進するため、企業と連携して就職セミナーなどを県内外で開催し、県内で合同企業説明会を開催する際には、都市圏から「無料Uターンバス」を運行している。
また、県外に住む人が、福井に魅力を感じて移り住む「新ふくい人」を増やす活動にも力を入れており、インターネット上に「福井県定住促進総合サイト」を設け、福井の暮らしや仕事、住宅などに関する幅広い情報を提供しているほか、東京、大阪、名古屋に相談窓口「ふるさと帰住センター」を設置している。
1.県外の大学などに進学した学生の U ターン就職を促進するためには、どうしたら良いか。あなたの考えを述べなさい。
2.「新ふくい人」を増やすための効果的な方法について、自由に討論しなさい。
・少子化対策〈7月26日〉
平成22年国勢調査によると、福井県の15歳未満の人口は112,192人で、昭和50年の国勢調査(182,670人)と比較して70,478人減少した。
少子化は全国的に進んでいるが、合計特殊出生率(一人の女性が一生の間に生む子どもの数)の推移をみると、昭和45年には2.13であったが、その後低下傾向が続き、平成17年には1.26となった。その後はやや回復傾向にあるが、平成23年は1.39で、依然として低い水準にある。
福井県においても同様の傾向にあるが、全国と比較すると例年0.2程度高くなっており、平成23年は1.56である。
県では、少子化対策として、子どもを生み、育てやすい環境づくりを推進しており、育児休業を取得させた中小企業へ奨励金を支給したり、育児短時間勤務制度を利用して保育所に預ける時間を短縮した場合に保育料の負担を軽減するなど、仕事と家庭での子育て支援を行っている。
1.少子化に伴い、今後どのような問題が発生するか、あなたの考えを述べなさい。
2.少子化の原因を分析し、有効な対応策について自由に討論しなさい。

ページトップへ

岐阜県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】行政【時間】60~80分【1グループ人数】8~11人
・大規模災害対策について
・エネルギー対策について
・県政関心度について
・地球温暖化防止について
・地方自治体の国際戦略について
・道州制について
・TPPについて。

ページトップへ

愛知県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】(65分)討論50分【1グループ人数】5~8人
・「うどん県」に匹敵するような愛知県の愛称を考えよ。

ページトップへ

三重県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】A【時間】40~60分【1グループ人数】6~7人
・新博物館について。
・就職活動の解禁時期について。
・学校週6日制について。
・三重ファン・リピーターの増加について 。
・地域医療について。
・投票率の向上について。
・児童の虐待防止について。
・体罰について。
・大学受験・卒業資格への英語能力試験の導入について。
・歩きながらの携帯機器の利用について。

ページトップへ

滋賀県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】30分【1グループ人数】6人
・我が国では、国政選挙をはじめ、若年層の投票率が低い状況が続いていますが、その要因と投票率向上のための具体的施策について討論し、結論としてまとめてください。

ページトップへ

京都府職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】40分【1グループ人数】6~11人
・ソーシャル・ビジネスの支援について
地域が抱える様々な課題を解決するためには、行政の役割はもちろん、地域住民の率先した取り組みが大変重要なことから、京都府では、地域住民の主体的な活動を支援する「地域力再生プロジェクト」に取り組んできました。
さらに、こうした活動にビジネス的な手法を取り入れ、自立的・継続的で地域の人たちの活躍の場となる京都式ソーシャル・ビジネスとして発展させていこうとしているところです。
我が国の地域社会の課題を踏まえ、地域において、どのようなソーシャル・ビジネスが期待できるか、また、持続的に発展させるためには何が必要かについて、グループとしての意見をまとめてください。

ページトップへ

大阪府職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】行政(22-25)
【グループワーク】
・みなさんは大阪府職員で、交通安全を担当しています。
ある日、上司から「今年11月に実施を予定している自転車マナーアップ強化月間に相応しいスローガンを作成し、この月間での取り組みについて企画してくれないか。」と言われました。
みなさんはグループで取り組みを企画して上司に報告することになりました。効果的な取り組みとスローガンを提案してください。
(自転車マナーアップ強化月間について)
○目的
この月間は、広く府民に自転車利用に関する交通ルールの遵守と正しい 交通マナーの実践を習慣づけることによって自転車の安全利用を促進し、自転車利用による交通事故防止と路上における違法駐輪の防止徹底を図ることを目的とする。
○期間
平成25年11月1日(金曜日)から11月30日(土曜日)までの1ヶ月間
○月間の重点事項
・自転車利用者のルール遵守の徹底
・子どもの自転車ヘルメット着用の推進
・放置自転車の追放
(条件)
・費用は考慮しなくていいが、現実的なものにする。

ページトップへ

兵庫県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】(60分)討論25~30分【1グループ人数】4~8人
【プレゼンテーション】
・大学生の就職活動の開始時期を「3年生の12月」から「3年生の3月」に遅らせることについて賛否を述べよ。
・道州制を導入することについて賛否を述べよ。
・地方公務員の給与を国家公務員に準じて引き下げることについて賛否を述べよ。
・原子力発電所を再稼働することについて賛否を述べよ。
・国民の納税や年金の情報などを管理するための共通番号制度「マイナンバー」の導入について賛否を述べよ。

ページトップへ

奈良県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】60分【1グループ人数】6人
・東日本大震災の復興について、今後奈良県として取り組むべきことをまとめなさい。

ページトップへ

和歌山県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】一般行政【時間】45分
※試験日により異なる
・子どもたちに郷土を愛する気持ちを育てるために、行政としてどのような取組が必要かについて討論し、グループで結論を出しなさい。
・埋もれている地域資源の発掘や新たな創造により地域振興を行うために、行政としてどのような取組が必要かについて討論し、グループで結論を出しなさい。
・和歌山県を活性化するために、行政として優先して取り組むべき産業政策について討論し、グループで結論を出しなさい。
・健康で長寿な社会をつくるために、行政として優先して取り組むべき課題について討論し、グループで結論を出しなさい。

ページトップへ

鳥取県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒・資格職【時間】40~50分【1グループ人数】7~8人
※試験日により異なる
・鳥取県は全国で最も人口が少ない上に、人口減少に歯止めがかからず、高齢化・過疎化も進んでいます。こうした現状において鳥取県を活性化させるにはどうしたらよいか、討論してください。
・鳥取県では「まんが王国とっとり」を掲げ、県内外のかたにまんが文化を楽しんでいただきながら、鳥取県の魅力を発信しようとしています。その一方で、県の「まんが王国とっとり」の取組に疑問を呈される県民のかたもおられます。鳥取県は今後どのように「まんが王国とっとり」を展開していけばよいか、討論してください。
・生涯スポーツとして普及を図る場合、どのようなスポーツが最適か、討論してください。3歳まで。
・3 歳までは男女ともに子育てに専念でき、その後職場復帰できるよう、育児休暇3年取得が推進されていますが、一方でその実効性に対する疑問の声もあります。
育児休暇3 年取得推進の是非とともに、男女とも子育てと仕事を両立するためにはどうしたらよいか、討論してください。
・選挙における若者の投票率を高めるためにはどうしたらよいか、討論してください。
・障がい者雇用の促進について、討論してください。
・小学校の英語教育については、平成23年度から小学校5・6年生で教科ではない「外国語活動」として導入されていますが、今後4年生以下にも導入することが検討されています。
このことの是非について討論してください。
・大学生等の就職・採用活動時期が平成27 年度卒業・修了予定者から後ろ倒しされる(企業側の広報活動の開始時期を大学3年生の3月(現行12月)とし、採用選考活動の開始時期を大学4年生の8月(現行4月)とされる)ことの是非について、討論してください。
・若者の早期離職の原因とその対策について、討論してください。

ページトップへ

島根県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】行政【時間】60分【1グループ人数】5人
・インターネット上における表現の自由と規制の可否について。

ページトップへ

岡山県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】行政【時間】(40分)討論30分【1グループ人数】5~10人
・外国語教育の低年齢化の是非について。
・情報化社会の功罪について。
・地方自治体の財源確保対策として有効な取組について。
・スポーツ振興による地域活性化について。
・サマータイムの導入の是非について。
・地域のブランド力の形成とそのセールス方法について。

ページトップへ

広島県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】45~60分【1グループ人数】5~11人
・中高一貫教育の拡大について。
中高一貫教育を拡大することの是非について議論し、グループの考えをまとめてください。

ページトップへ

山口県職員(大卒程度)

平成24年度
【区分・職種】大卒【時間】90分【1グループ人数】7~8人
・大学秋入学について。
・道州制について。
・円高が国民生活に与える影響について。
・マイナンバー(社会保障・税番号)制度について。
・植物工場の奨励について。
・臓器提供に関する意思表示について。
・個人情報の流出について。
・節電について。
・サマータイム制度について。
・環境保護と公共事業について。

ページトップへ

徳島県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】50分【1グループ人数】8~10人
・いわゆる「ゆるキャラ」や「地元出身タレント」を活用したキャンペーンを実施している自治体が見受けられます。
「ゆるキャラ」と「地元出身タレント」によるPRについて、それぞれの利点と課題を考え、それを踏まえて、徳島県を効果的にPRするにはどのような方法が望ましいか、討論してまとめなさい。
・「現代の若者は、対面でのコミュニケーション能力に欠ける」と言われたとき、あなたは、その意見をどのように理解し、どのように弁明しますか。
また、その能力を向上させるためにはどうすればよいか、討論してまとめなさい。
・徳島県では、四国の3県と協力し、「四国八十八箇所霊場と遍路道」の世界文化遺産登録に向けた取組を行っています。
この「四国八十八箇所霊場と遍路道」を例に、世界遺産登録における利点と課題を取りまとめた上で、登録後の促進策や対応策のために地域や行政が何をすべきか、討論してまとめなさい。
・南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に60%から70%の確率で発生するといわれています。このことを踏まえ、今後の本県の公共事業のあり方について、討論してまとめなさい。

ページトップへ

香川県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】一般行政事務
・いじめ防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進するため、「いじめ防止対策推進法」が成立しましたが、いじめを防止するため、学校や家庭、地域の役割はどうあるべきか、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・県では、環境にも優しく、学生や高齢者の移動手段の確保、自動車交通事故の抑止の観点からも、公共交通機関の利用を促進していますが、公共交通機関の利用促進方策について、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・大型小売店の郊外進出やインターネット通販の普及などの影響により、県内の商店街は空き店舗が増加していますが、空き店舗を有効活用した商店街の活性化、地域の活力、にぎわいの再生に向けた取り組みについて、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・県外からの観光客を増加させるための方策について、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・市販薬のネット販売の解禁については、利便性の向上が図られる一方で消費者の安全性の確保が懸念されていますが、市販薬のネット販売の解禁について、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・少子高齢化の進行に伴う労働力不足対策として外国人就業者を増やすことが考えられますが、このことに対し、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・就職活動のスケジュールを変更し、就職活動解禁時期を大学3年生の12月から3月へ、選考開始時期を大学4年生の4月から8月へ繰り下げることが学生生活や就職活動に及ぼす影響について、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・高松空港からは、ソウル線、上海線、台北線の3つの国際線が定期運航していますが、外国人旅行客に、単なる乗換え経由としてではなく、香川県に滞在してもらうにはどのような工夫が必要か、あなたの意見を述べ討論しなさい。
・高松空港は、羽田・那覇(国内線)、ソウル・上海・台北(国際線)の各路線を開設していますが、地元県民の利用拡大を図るため、県としてどのように取り組めばよいか、あなたの意見を述べ討論しなさい。

ページトップへ

愛媛県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】(40~60分)討論35分【1グループ人数】7~9人
※試験日により異なる
・自転車新文化「愛媛マルゴト自転車道」構想について。
・LCC松山-成田線を活用した活用化方策について。

ページトップへ

高知県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級【時間】45~60分【1グループ人数】6~7人
・次の3つの事項から1つを選び、その事項についての現状と課題を挙げたうえで、それに対して、高知県としてどのように取り組むべきか、グループとしての意見をまとめてください。
※以下の事項から3つ提示
・健康長寿県づくりを進めるうえでのポイント
・男性の育児参加の推進策
・生活困窮者の自立支援策
・高知の公共交通を守るために必要なこと
・”買い物難民”を減らすために必要なこと
・働く場づくりとミスマッチ問題
・移住促進の方策
・土佐の文化を守り育てる
・小学校からの英語教育について
・土曜授業の制度化について
・省エネルギー対策を進めるポイント
・これからの電力エネルギーの確保方策
・若者を高知へ定着させるためのポイント
・選挙において若者の投票率を高める方策
・少子化の分析とそれへの対策
・災害時における要援護者対策
・次の3つの事項から1つを選び、グループとしての意見をまとめてください。
※下記の事項から3つを提示
・働く場づくりとミスマッチ問題
・選挙において若者の投票率を高める方策
・災害時における要援護者対策
・移住促進の方策
・省エネルギー対策を進めるポイント
・少子化の分析とそれへの対策
・高知の公共交通を守るために必要なこと
・小学校からの英語教育について
・若者を高知へ定着させるためのポイント

ページトップへ

福岡県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】行政【時間】60分【1グループ人数】7人
・世界人口が増加し、新興国の経済成長が進む中で世界のエネルギー消費が拡大し、温室効果ガスの排出量が増加しています。こうした状況の中、経済の持続可能な発展を実現するため、福岡県では、県民一人ひとりに省エネ・省資源に取り組む意識が浸透し、CO2削減が図られ、地球温暖化対策が進展する社会づくりを目指しています。
そこで、この社会づくりを進めるためにはどのような対策が必要か、グループで話し合い一定の結論をまとめなさい。
・社会のグローバル化に伴い、国際的な広い視野を備え、社会に貢献する若者が求められていますが、近年、海外への留学や海外勤務を希望する若者の数が減少するなど、若者の内向き志向が懸念されています。
そこで、こうした状況の背景となっている課題について考察した上で、企業や団体等の中核として、地域のみならず世界を舞台に活躍する人材を育成するためにはどのような対策が必要か、グループで話し合い一定の結論をまとめなさい。

ページトップへ

佐賀県職員(大卒程度)

平成23年度
【区分・職種】行政【時間】50分【1グループ人数】5~10人
・大学の入学時期を秋季にすることの是非について。

ページトップへ

長崎県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】行政【時間】(50~60分)討論25~35分【1グループ人数】6~8人
※1題選択、事前発表
・長崎県のアジアからの観光客誘致促進策について討論しなさい。
・選挙権の年齢を引き下げることの是非について討論しなさい。
・商店街等の市街地に防犯カメラを設置することについての是非について討論しなさい。

ページトップへ

熊本県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】30~35分【1グループ人数】5~8人
・大学生の就職活動の解禁日が現状より3か月繰り下げられて、3年生の3月になり、選考活動開始時期も、4年生の4月から8月に繰り下げられることについて、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・小中学校の「学校週6日制」の実施(土曜日授業復活)について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・郊外型の大型ショッピングセンターの進出により、中心市街地の活性化が課題と言われていますが、行政として郊外型ショッピングセンターを抑制すべきという意見について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・環境対策及び交通渋滞緩和対策として、中心市街地の特定のエリアに関し、曜日及びナンバープレートの末尾の数字が奇数か偶数かにより、一般車両の進入規制を行うとしたら、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・水資源を確保するため、外国資本が日本の山林を買収していることが問題となっていますが、熊本県においては外国資本による土地取引を禁止すべきという意見について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・電力不足解消等のためのサマータイムの導入について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・電力供給量の確保のため、新しい火力発電所を県内に建設・誘致するという意見について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・人口減による過疎化が進む中で、機能を維持できなくなる集落が出てくることが予想されています。そのような中で、将来、その機能を維持できなくなった集落を集団移転させ、新たに大きな集落(町)として再構築すべきという意見について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・国においては、道州制推進基本法案を国会に提出するなど道州制の導入を推進していますが、一方で、全国や県内の町村からは道州制に反対する意見もあります。道州制の導入について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・世界の国々においては、選挙権は18歳以上が主流となっていますが日本の選挙権を20歳から18歳に引き下げるとしたら、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・景気浮揚策の1つとして公共事業が考えられますが、経済対策として公共事業を拡大すべきという意見について、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・県職員全員にSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)への登録と、業務に関する情報発信を義務づけるとしたら、あなたは賛成しますか、反対しますか。
・県内だけでなく全国でもくまモンフィーバーが起こっていますが、「県のPRをくまモンに頼りすぎている」、「あまり使うべきでない」という批判もあります。抑制すべきだという意見について、あなたは賛成しますか、反対しますか。

ページトップへ

大分県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】上級・医療Ⅰ【時間】(40分) 討論30~35分【1グループ人数】4~7人
※試験日によって異なる
(要旨)
・グローバル人材の育成について。
・地域のプロスポーツクラブとの関わり方について。
・新県立美術館の集客について。
・おんせん県PRと観光振興について。
・公共施設のバリアフリー化の推進について。
・健康づくりの推進について。
・超高齢社会への対応について。
・「子育て満足度日本一」を目指す取組について。
・被災地支援策について。
・再生可能エネルギーの普及促進について。
・農業の活性化について。
・県産材の販売促進について。
・水産業の振興について。
・災害に強い県土づくりについて。
・社会資本の老朽化対策について。
・学校におけるいじめについて。
・児童生徒の体力向上について。
・公立図書館のあり方について。
・UIJターンの促進について。

ページトップへ

宮崎県職員(大卒程度)

平成25年度
【区分・職種】大卒【時間】30~40分【1グループ人数】5~6人
・道州制導入について、あなたは賛成しますか、反対しますか。

ページトップへ

沖縄県職員(大卒程度)

平成23年度
【区分・職種】行政Ⅰ
・IT社会におけるコミュニケーションについて
スマートフォンなど携帯端末の進化等により、情報発信が個人レベルでも活発に行われるようになり、コミュニケーションの形態も多様になってきていますが、その功罪や、その利用のあり方について討論してください。

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2020・2021年度試験対策 民法改正攻略ゼミ

2019年度試験対策講座受付中

公務員模試受付中

2019公務員模試 学校団体受験のご案内

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ