講師・合格者からのメッセージ

voice

OB & OG's Voice ~後輩たちに聞いて欲しい、私たちのワンポイントアドバイス~

合格者の声

金井 菜々子 さん

  • 写真
  • 採用先:国家一般職
    その他の合格先:福島市(行政)、東京特別区(事務)
    出身校:宮城教育大学

     初めは「地元の市役所に受かればいいかな」といった気持ちでしたが、東京アカデミーで講義を受け、様々な情報を得たことで上を目指したいという気持ちになることができました。些細な質問にも応えてくださり、無事に志望先に合格することができて本当に嬉しいです。適切なご指導のおかげだと思っています。
     自宅では集中できないときは自習室に行ったり友達と情報交換をしたりと切換がしやすい環境が整っていました。そして一番通学して良かったことは面接の対策です。一人で面接練習は出来ませんし、早い段階から対策をしていただいたので、二次試験期間の直前に焦ることなく試験に臨むことができました。他にも少しでも不安なことや分からないことがあれば、質問して解消できたことが良かったです。また、独学との違いとして情報量が多いこと、何でも質問が出来ること、要点の分かる授業でポイントを押さえることができるので効率よく勉強が出来ました。
     自分が頑張れば頑張った分だけ試験当日の自信になります。私は3・4月の模試で結果が出ず、その後の1・2ヶ月とても苦しい時期もありました。しかし、その間の頑張りが試験当日の心の支えになりましたので本当に頑張ってよかったなと思いました。自分が納得するところまで、最後まで諦めずに頑張ってほしいと思います。

ページトップへ

白川 拓志 さん

  • 写真
  • 採用先:国税専門官(高松国税局)
    出身校:愛媛大学

     私は大学3回生の4月に東京アカデミーへ入会しました。きっかけは、公務員になろうという漠然とした目標から予備校を探し、あまり深く考えることなく東京アカデミーを選択しました。
     授業を担当する先生方は、生徒たちが初めて学ぶ内容に抵抗を感じないよう工夫を凝らし、私たち生徒の公務員試験合格を全力で応援してくださりました。面接を担当する先生方は生徒一人一人に真摯に向き合い、私たちが今までの人生を省察して導き出した自身の強みを、あるいは自身ですら気付かなかった強みを、より効果的に面接に出せるよう生徒と一緒になって考えてくださりました。
     入会したばかりの私は、勉強に対する態度は劣悪で、模試で運良く点数がとれる度に試験に対する危機感は薄れ、結局筆記試験対策に本腰を入れたのは年が明けてからのことでした。こんな不出来な生徒が最終合格できたのは、東京アカデミーの緻密なカリキュラムと、先生方の熱心な指導のおかげです。先生方には本当に感謝していますし、就職活動という決断と後悔の繰り返しの中でこれだけは英断だったと胸を張って言えることは、予備校に東京アカデミーを選択したことです。

ページトップへ

山下 守彦 さん

  • 写真
  • 採用先:財務専門官
    その他の合格先:財務専門官、裁判所一般職、国家一般職、広島市上級行政
    出身校:北九州市立大学

     法律・経済科目を中心に取り組み、わからないところは講義後に質問に行っていました。早い段階で全ての科目を大まかに学習したため、本番前には余裕を持って学習を進めることが出来ました。論文対策ではテキストの模範解答を毎日読み、面接対策は東アカで色んな先生に練習相手になってもらいました。地元(広島)の東アカでも集団討論の練習会に参加させてもらうことが出来ました。早い段階から追いこんで学習し、学生時代に何事にも本気で取り組んだことが最終合格に繋がったと思います。模試で点数が悪かったときは苦しかったですが、東アカに通う友人と模試の点数を競って勝利した時は嬉しかったです。最初はどこの予備校に行くか迷いましたが、東アカを選んで本当に良かったです。本当にお世話になりました。

ページトップへ

森本 聖也 さん

  • 写真
  • 採用先:奈良県職員Ⅰ種林学
    出身校:京都学園大学(2019年4月からは京都先端科学大学)

     私は元々公務員を目指すと決めた時期が遅かったので、1年目は2カ月の独学で挑戦しました。しかし、そう簡単にはいかず試験に落ちてしまいました。
     独学での合格は難しいと感じたため、東京アカデミーに通学することを決めました。
     基礎の勉強に使える教材、何度も練習をして力をつけることが出来る過去問集、そして面接や公務員試験の情報の豊富さ、通学して良かったと思えることがたくさんありました。
     私は専門職(林学)で受験しましたが、面接対策では全国の東京アカデミーの校舎から林学の面接情報を集めてもらえ、さらに面接対策の先生には私の都合に合わせて対策をする時間を作っていただきました。
     私は勉強が苦手で嫌いな科目もたくさんありました。しかし、自分の頭の容量を考えて各科目の試験に出てくる問題数に応じて各科目の勉強時間を割り振り、時には捨て科目を作ったりもしていました。
     勉強が苦手でも工夫をすればしっかりと対策をすることが出来ると思います。
     「努力は報われるという言葉は間違いだ、正しい場所で正しい方法で充分な量をした努力は報われる!」私が聞いて本当にそうだと思えた言葉です。
     東京アカデミーに通って、その場所も方法も量も助けてもらうことができたと思います。
     上手くいかないことも多くあり不安で落ち込むこともあると思います。ですが、他の受験者も同じ苦難を味わいそれを克服して頑張っています。公務員試験の対策をした時に経験したことはその後の人生に活きてくると思います!無駄なことなんかありません!公務員を目指した初心を忘れずに最後まで突っ走ってください!

ページトップへ

楳田 佳那子 さん

  • 写真
  • 採用先:横浜市(事務)
    その他の合格先:特別区(目黒区)、国家一般職(環境省)
    出身校:立教大学

     全ての授業が生講義なので、先生も生徒の反応を見て授業を進めて下さったり、また授業の前後に疑問点を聞くことができたりと、勉強を楽しく効率良く進めることができました。また、事務局の方はいつでも私の話を聞いて下さったので、将来や試験のことで不安があってもすぐに解決することができました。同じ目標を持った仲間と出会い、休憩時間に様々な話ができたのも、公務員試験を乗り越える上では大切な私の心の支えでした。東京アカデミーに入って良かったです。
     公務員試験は長い戦いになると思います。ときには思い通りに成績が伸びなかったり、将来に不安を感じたりと、試験へのモチベーションが下がってしまうことがあると思います。しかし、そんなときはぜひこの東京アカデミーに来て、友人や事務局の方、先生にその思いをぶつけてみて下さい!一人で抱え込まないで様々な人の意見を聞くことできっと未来が拓けると思います。自分の夢に向かって周りの方と一緒に頑張って下さい!

ページトップへ

森田 創 さん

  • 写真
  • 採用先:旭川市(事務)
    出身校:法政大学

     大学卒業後、東京での社会人生活を送っていたので、長時間机に向かうことから離れていました。地元である旭川に戻ることを決意してから、東京アカデミーの力を借りて旭川市職員を目指すことにしました。
     講師陣は、筆記・面接それぞれ親身で手厚い指導をしてくれました。事務局の方は、進路先の詳しい情報の提供や、細やかな相談にも対応してくれました。個々にあった適切なアドバイスをしてくれたので、不安要素を払拭することが出来ました。何より励みになったのは、講習後の遅い時間にも関わらず話を聞いてくれたり、すれ違うたびに声をかけてくれたりして頂いたことです。
     筆記については、模試のデータから自分の弱点を見つけて、繰り返し勉強したことが結果に繋がったと思います。面接では、複数の方々に何度も練習して頂いたことが自信になりました。東京アカデミーには沢山の情報がありますので、安心して目標に向かうことができました。合格通知を頂いた時は、喜びと共に感謝の気持ちでいっぱいになりました。本当にありがとうございました。

ページトップへ

神田 絢子 さん

  • 写真
  • 採用先:新潟市(一般行政A)
    その他の合格先:国家一般職、国税専門官、裁判所事務官
    出身校:新潟大学

     何より一番良かったと思う点は、一緒に頑張る仲間と出会えたことです。授業を一緒に受けるうちに、同じ目標に向かって頑張る仲間をたくさん作ることが出来ました。分からない問題を一緒に考えて先生に質問したり、自治体の取り組みを一緒に勉強したあと、実際に市のイベントに行ってみたり、お互いに面接官をして面接の練習をしたり、みんながいてくれたおかげで楽しく試験対策をすることが出来ました。面接が続く時期は精神的にきつくなったり不安になることもありましたが、仲間が支えてくれたことで、折れたり本当に沈んだりせずに乗り切ることが出来ました。
     長期の公務員試験を征するために一番大切なことは、根を詰めすぎずに常に心のどこかに余裕を持って自分のペースで走り続けることだと思います。精神的にきつくなった時に、力を抜いて余裕を持ってやることも、途中で止まらずに走り続けるためには案外大事なことなのではないかと思います。「きっと大丈夫!」と思えば大丈夫です。頑張ってください!

ページトップへ

園田 卓実 さん

  • 写真
  • 採用先:熊本市
    その他の合格先:裁判所職員一般職、国税専門官、国家一般職
    出身校:熊本県立大学

     私は、公務員試験に向けて勉強をしてきましたが、やはり一番に思うことは大変だったということです。長い期間勉強を続けることは自分自身との戦いだと思いました。そのような受験勉強の中で大切なことは、自分自身のモチベーションの維持と上手にストレスを解消していくことだと思います。勉強を続けていると、やる気が出ない時期があると思います。その時はぜひ、東京アカデミーの教務の方に相談してほしいと思います。話を聞いていると自然とやる気が出ていました。また、様々な話を聞くことで自分自身に吸収できることも多く知れると思います。様々な勉強方法を聞き、早く自分の勉強スタイルを作って欲しいです。自分の勉強スタイルが確立できれば、効率よく勉強に取り組めます。ストレス解消については、私は友人と話しをしたりすることで解消していました。東京アカデミーに通ってよかったことは、一緒に公務員を目指す友人ができたことです。一緒に面接の練習や集団討論の練習をすることができ、試験へ向けて話しをしたりすることで、試験に対する不安を解消することができました。受験勉強はとても長期戦ですが、思うように結果が出なくてもめげずに前向きに取り組んで最後まで頑張ってください。

ページトップへ

岸 星斗 さん

  • 写真
  • 採用先:東京消防庁
    その他の合格先:警視庁、神奈川県警、横浜消防
    出身校:産業能率大学

     私が特によかったと思う点は、論文対策と面接対策です。論文はいろいろな自治体の過去問に対する優秀作品がいつでも閲覧でき、添削もとても丁寧にしてもらえます。そのため、自分だけで練習するよりも絶対に上達が早いです。優秀作品をすべて真似するのは論外ですが、言い回しなどを盗むことは大切だと思います。
     面接も過去のデータを用いて、受験先の自治体の傾向に合わせて練習してもらえます。また、会場の雰囲気や注意点なども教えていただけるので、より本番を想定して練習できますし、当日のリラックスにもつながりました。
     論文は自分の型を作ってしまうことが特に大切です。ですが、その型を作るのには時間がかかります。そのため、早い段階から取り組むといいと思います。逆に型さえ作ってしまえば、ある程度どんなテーマにも応用できます。
     教養試験は範囲が広いですし、試験時間も限られています。そのため、自分の不得意分野や時間がかかってしまう問題を把握しておくことが必要です。そして、それを把握するには模試が有効です。私は模試で点数よりも自分の特徴や時間配分などを意識していました。そして、それらの結果から思い切って捨てる教科などを決めていました。教養試験は5~6割取れれば十分だと思います。仮に5割に届かなくても、論文をしっかりと書けていれば通る可能性はあります。
     勉強の仕方はひとそれぞれだと思いますが、私は1日10時間も勉強するようなことはしていません。ですが、自分で決めたスケジュールは毎日継続してやりました。そのスケジュールさえ終われば後は勉強しませんでした。要はメリハリが大事だと思いますので、自分のペースで頑張ってください。

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2020・2021年度試験対策 民法改正攻略ゼミ

2019年度試験対策講座受付中

2019公務員模試 学校団体受験のご案内

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ